間宮慎太郎 Shintaro Mamiya

1986年生まれ。中学で吹奏楽部に所属しサックスを始める。明治大学在学中より演奏活動を開始、都内ライブハウスを始め様々な音楽イベントにも出演する。 その後、定期的に単身渡米を繰り返し現地のミュージシャンとの交流を深めながらジャズの歴史と伝統、そして自己の音楽を探求する日々を送る。サックスをMALTA、大森明、Lee Konitz、Ralph Lalamaの各氏に師事。 現在は作、編曲を手がけながら都内を中心に活動をする傍ら、インストラクターとして後進の指導にもあたっている。正統派ジャズを信条としながらも独自のテイストで描かれるオリジナル楽曲には予てから定評があり、2018年全曲オリジナルで創り上げた1stアルバム「No East,No West」を発表。


Shintaro Mamiya is a jazz alto saxophonist, composer and educator based in Tokyo. 
He began playing the alto saxophone at age 13 and at 16 began studying jazz.
Since graduating Meiji University in Tokyo, he has visited New York City multiple times to study jazz. While there he has studied under legends such as Lee Konitz and Ralph Lalama, joined workshops by those such as Barry Harris, and has joined sessions at places such as Smalls and Cleopatra’s Needle as well as joining in on gigs. 
In 2018 he released his debut album “No East,No West” with ten original compositions.